ロミオ×ジュリエットの2人

それは
百合と相葉がまだ高1の頃・・・・。

生徒:おい!!相葉!!やっべぇぞ!!!
相葉:んだよ!!
生徒:校門のとこに昨日ボコボコにした奴らが仕返しにやって来た!!
生徒:どないする??相葉・・・。俺達ホンマにやっべぇよ・・・。
相葉:行くしかねぇだろが!!!

相葉はかっっなりのヤンキーでクラスで最も喧嘩が強かった男だった。
その相葉の隣の席に平然と座ってるのは“花總百合”だった。
クラス中の生徒がざわついてるのにも関わらず・・・・。

百合(不良のことなんかあたしには関係ないこと・・・・関わったらいけない)

そう思ってる百合だが、彼女は他の女の子と違って人一倍責任感が強い子。
風紀委員の副委員長なのだからなお更だ。

生徒:けど、相葉。
相葉:なんだよ!!
生徒:・・・・その中に1番強い奴がおるって・・・・。
相葉:んなの俺には関係ねぇ。
生徒:だけど!!!そんなんしたら相葉・・・殺られるぞ・・・。
相葉:・・・・・・・・。

っと、その時。
教室に担任が入ってきた。

担任:相葉!!!これはどういうだ!!!職員室に行って説明してもらう!!!
相葉:はぁ〜〜??↑先公には関係ねぇだろ??!!んなことわよぉ!!
担任:校門前に他校の生徒がお前を呼んで来いって言ってるんだ!!
相葉:んなの知るか!!!

百合(うるさい・・・)

担任:ここのクラスには風紀委員がおったな・・・・。

ガタッ!!!

百合:先生、あたしが風紀委員の副委員長ですけど・・・・。
担任:よかった!!!ちょっと校門の方に行って追い出してくれないか??
百合:・・・・・・・・・(ため息)分かりました。
相葉:・・・・・・・・・。

百合は渋々教室を出て行った。
当の相葉は“怖くなって逃げ出すに決まってる”と思っていた。

【校門前】

不良:おいおい!!!相葉はまだかよ!!!
不良:いつまで待たせるんだよ!!!
不良:早く出て来いよぉ!!!

不良たちがごちゃごちゃ言っていると百合が1人出てきた。

不良:あん??なんで女が出てくるんだよ!!
不良:だけど、ちっといい女じゃねぇ〜か・・・。
百合:あなたたち、こんなところで何してるんですか??
不良:人探してんけどさぁ、“相葉”って奴なんやけど知ってる?
百合:同じクラスです。
不良:へぇ〜そりゃいいや・・・ちょっとさぁ、呼んで来てくんねぇ??
不良:それよかさぁ、あんた名前なんつぅの??
百合:まず、人の名前を聞くときは自分から名乗るのが礼儀ってもんじゃ
ないの??
不良:あ〜ん??なんだ?この女!!!

百合に殴りかかろうとしたそのとき、百合の背後から相葉が現れた。

相葉:おい、そいつは関係ねぇだろう・・・・。
百合:・・・・・・・。
不良:とうとう姿現したか・・・。
不良:相葉、昨日の決着をつけてやるぜ!!!
相葉:・・・・おい、そこのお嬢様。

百合(お嬢様??)キョロキョロ

相葉:お前のことや。
百合:(あたしか・・・)何?
相葉:危ねぇからどいてろ。
百合:喧嘩・・・・するつもり??
相葉:当たり前やろ!!!
百合:でも、そしたら相葉くんが・・・・。
相葉:あ??
百合:いや、なんでも。

相葉(コイツ、何言ってやがるんだ??)

不良:そっちが行かないんやったらこっちから行くぜ!!!

不良の手には鉄パイプが握られてる。
百合は相葉がやられると悟って思わず体が前に出ていた。
相葉を庇おうとしたのだ。

相葉:ばっ!!・・・Σ!!あぶねぇ〜〜!!!

と、いうやいなや、百合はその鉄パイプを受け止めていた。
そして不良からパイプを奪い、構えに入っている。
その構えはただもんじゃない構えだ・・・。

相葉:・・・・・・・花%%%總・・・??
不良:ま、マジかよ・・・・女が受け止めた・・・。
百合:花總風神流・・・・。

百合はパイプをぐるぐる回し始めた。

不良:はっ!!そんなの俺らには利かねぇよ!!

百合:!!!!!!!

不良たちは百合に殴りかかろうとした。

相葉(・・・・・ったく。女の癖に・・・・)

ガキーン!!!!(パイプとパイプがぶつかり合った音)

相葉:おい、花總・・・どいてろ。
百合:・・・・・相葉くん・・・・・。

戦闘開始・・・・―――。
                ・
                ・
                ・
                ・
                ・
相葉:ふぅ〜〜・・・。いててて・・・・くそ!!!
百合:大丈夫・・・・?
相葉:触んな!!!・・・・・あ、いてて・・・

百合はポケットからハンカチを取り出して、唇についてる血をふいた。

相葉:んだよ!!!
百合:えっ、唇が切れてるから・・・・拭こうと思って。
相葉:んなの、自分で出来る!!!・・・あ、いててて・・・。
百合:(微笑)
相葉:・・・・・・・。

微笑しながら百合は優しく拭き始めた。

相葉(・・・・なんだ?この・・・・ドキドキは・・・)

百合:他にも怪我してるところが・・・・。
相葉:い、いい!!
百合:で、でも・・・・あんまり無茶したら。
相葉:・・・・サンキュー・・・(照)

そういうと相葉は背を向けた。

百合(そんなに根は悪くない人なんだ・・・・)

お互いに意識し始める相葉と百合だった・・・・――。

             <続>

花鳥風月さんからのコメント☆

相葉(オリキャラ)と花總のお話です。
ほんのちょっぴりラブラブかな?って
感じです。
次回はその続き!!
2人はどうなるのでしょうか?



■戻る■