魔法学園戦記エルドラン・マギス THEMOIVE2nd スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュアオールスターズ 総合防衛隊、出動!B
作者: けん   2018年01月02日(火) 11時49分34秒公開   ID:Bj0HV/DonaM
【PAGE 1/18】 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]


チャプター18:
そのころ、キュアホイップ達と一緒にインベダー軍団を倒したキュウレンジャーはバトルオリオンシップに戻ったが、彼等の背後に一人の男が姿を見せた。
???
「何てこった!伝説の戦士プリキュアが地球にいたなんて」
ラッキー
「ツルギはどうしたらいいと思うんだ?」
彼は伝説の救世主と呼ばれた男・鳳ツルギホウオウソルジャーである。
スパーダ
「僕達は彼女達と戦ったことがあるんだ」
ハミィ
「うんうん。確かに伝説の破壊神・プリキュアというジャークマターの兵士がいると聞いたから」
ツルギ
「いやお前ら、それは騙されているぞ。その鴉天狗に」
ラッキー
「鴉天狗?」
チャンプ
「確かに怪しい奴のようだしな」
ガル
「あいつが鴉天狗という変な奴が俺達を騙したガルな!!」
ラプター
「調べたところによりますと。彼女達以外にあと11組プリキュアがいます」
バランス
「それってまさに伝説だね!!」
ナーガ
「確かに間違いない」
スティンガー
「つまり俺達は鴉天狗に騙されていたということか・・」
小太郎
「そうだね」
ラッキー
「よっしゃ、ラッキー!!プリキュアが悪者じゃなくてよかったぜ!!」
ショウ
「皆、それぞれプリキュアを探して共に協力してくれたまえ」
ラッキー
「よっし!!皆行くぞ!!」
そしてラッキー達はプリキュアを探しに行くが・・・
ショウ
「それじゃあ出撃するメンバーを決めるよ。キュッキュッキュのキュ!!」
出発前にキューレットで出撃メンバーを決めた。
ラッキー
「よっしゃあラッキー!!俺が選ばれたぜ!!」
ツルギ
「俺様もだ。というかそれぞれ別べに向かうのか」
ハミィ
「ツルギと私、バランス、ナーガ、ラプター、スパーダは魔法界に行くのね」
スパーダ
「そういうことだね、ハミィちゃん」
小太郎
「俺、ラッキー、兄貴、ガル、チャンプ、そして指令はノーブル学園だね」
ガル
「そういうことガル」
チャンプ
「見たいだな」
ツルギ
「さあ伝説と伝説が一つになる時が来たようだ」
ショウ
「皆、気を付けてくれ。そして、プリキュアを見つけてくるんだ」
ラッキー
「オッキュー!!」


⇒To Be Continued...

■一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集