future tone 〜未来の音楽〜 第2章第2節「音の無い日々」
作者: My heart egg   2018年03月30日(金) 18時45分31秒公開   ID:XbbhVwq0amg
【PAGE 1/2】 [1] [2]


future tone〜未来の音楽〜 2-2

新たに登場する場所
梨音(りね)市
未久市の隣に位置する。山や森林が広がっており、自然と触れあえる場所が未久市より多い。そのため欠点として、未久市と梨音市の境界線あたり(沙美(すなみ)町という地域)でないと通信環境が整っていない。

リネッタ
ミヒサの隣に位置する電脳世界内の場所。
梨音市と同じように自然が広がっており、稲妻の鳥が飛び交っている。また、森に囲まれた図書館もあったりして、リラックスするにはちょうどいい地域となっている。

新たに登場する人物
音無海(おとなし かい)
終が養子として連れてきた男の子。顔貌が青音カイトに似ているが、あまり喋らない。

音無芽衣(おとなし めい)
終が養子として連れてきた女の子。顔貌が紅音メイコに似ているが、あまり喋らない。

奏ノ宮そなた(かなのみや そなた)
今は亡き、始音の母親。電子音楽のアーティストをしていた。宗則と結婚する前は世界的にも有名だった。

奏ノ宮花音(かなのみや かのん)
そなたの双子の妹。動画投稿サイトにVOCALOIDのGUMIを使用した音楽を多く投稿している。そなたが生きていた時は音無家にも時々顔を出していた。今は弟の風雅と未久市の隣の梨音市に住んでいる。

奏ノ宮風雅(かなのみや ふうが)
奏ノ宮三姉弟の弟にあたる人。花音がGUMIを使用して音楽を投稿しているのに対して、こちらは神威がくぽを使用した音楽を投稿している。二人の姉によくついて行き、世界各地を回ったこともある。また、始音の遊び相手を何度も任されていた。

GUMI
初音ミク達と同じように、21世紀に生まれたVOCALOIDの一人。ミヒサの隣に位置する電脳世界リネッタで暮らしている。

神威がくぽ
GUMIと共に生まれたVOCALOIDの一人。もちろんGUMIと共に暮らしている。



⇒To Be Continued...

■一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集