魔法学園戦記エルドラン・マギス THEMOIVE2nd スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュアオールスターズ 総合防衛隊、出動!C
作者: けん   2018年01月05日(金) 11時38分23秒公開   ID:Bj0HV/DonaM
【PAGE 10/11】 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]


《ジュウオウキューブ!!》
キュアホイップ
「ジュウオウジャー!!」
キュアカスタード
「頑張ってください!!」
キュアジェラート
「でもあたし達もまだまだやれるよ」
キュアマカロン
「私達もジニスのやり方には怒っているからね」
キュアショコラ
「その通りだよ!!」
キュアパルフェ
「 ノワールだけでなく貴方も絶対に倒す!!」
キュアハート
「あたし達も一緒だよ!!」
キュアロゼッタ
「地球にいる皆様と一緒に戦いましょう!!」
キュアラブリー
「その通りよ!!」
キュアプリンセス
「うん!!」
キュアメロディ
「私達も行こう!!」
キュアリズム
「ジュウオウジャーと一緒にこの世界を守るために!!」
キュアブロッサム
「一緒に戦いましょう!!」
キュアマリン
「やるっしゅ!!」
プリキュア達は
ジュウオウジャー
「「「「「「動物全合体!!」」」」」」
《イーグル・シャーク・ライオン・エレファント・タイガー・ゴリラ・クロコダイル・ウルフ・ライノス・キリン・モグラ・クマ・コウモリ》
ジュウオウキューブ達とジュウオウキューブウェポン達は空中に出現した一つの巨大な炎の四角い枠を通り抜けた。そして・・・。

《ア〜ア〜ア〜ウォ〜ウォ〜オール》
全ジュウオウキューブとジュウオウキューブウェポンはキューブモードに変形し合体を開始した。
《1・2・3・4・5・6・7・8・9・10》
キューブホエールから砲塔パーツを取り外し変形し上半身を構成、背面が空洞になるのでそこにキューブライノスを収納。正面から見ると10、9のナンバーが縦に並べる。1〜8のキューブはそれぞれ縦に4個ずつ積んで足に強度を高めるためにホエールの砲塔パーツを芯として間に通し、準備が出来たら足と上半身を合体!両腕部分にはキューブウエポンを2体ずつ合体。ドデカイオーの腕に収納されている頭部がそちらを展開し出現。カイオースピアの先端部を取り外すと王冠のようなメットになるので そちらをマスクに装着、あとは肩にカイオースピアを装着され合体を完了した究極の超巨大ロボット、その名は・・・
《ワイルドトウサイドデカキング!!》
ジュウオウジャー
「「「「「「完成ワイルドトウサイドデカキング!」」」」」」
そう、ワイルドトウサイドデカキングであった
サクラ
「すごい・・・」
シズク
「サクラ、うちらも!!」
サクラとシズクと妖精達もプリキュアのところに向かった。
キュアハッピー
「今度こそ本当のウルトラハッピーにして見せるんだから!!」
キュアサニー
「せやバッドエンドにはさせへんで!!」
キュアビューティ
「その通りです!!」
キュアメロディ
「私達の友情の力を一つにして」
キュアリズム
「ジニスを倒す!!」
キュアミューズ
「うん!!」
キュアハート
「あたし達とジュウオウジャーだけでなく」
キュアダイヤモンド
「地球にいるみんなの心を一つにして」
キュアロゼッタ
「ジニスを倒しましょう!」
キュアラブリー
「ええ!!」
キュアプリンセス
「その通り!!」
キュアフローラ
「ジニス、ブラッドゲームでの罪償わせてもらいますわ」
キュアスカーレット
「お覚悟決めなさい」
キュアミラクル
「これが最後の戦い」
キュアマジカル
「みんな、気を引き締めていきましょう!!」
キュアホイップ
「もちろん!!」
キュアカスタード
「はい!!」
プリキュア達はワイルドトウサイドデカキングのところに向かった。

ジニス
「おのれ!!!」
巨大ジニスはワイルドトウサイドデカキングに劣勢していた。

ジニス
「あり得ん…こ…この私が…!」
ジュウオウシャーク
「今の私達はジューマンパワーと!」
ジュウオウエレファント
「地球のパワーと!」
ジュウオウザワールド
「人間のパワーと!」
ジュウオウタイガー
「キューブ君達のパワーと!」
ジュウオウライオン
「熱い熱い友情パワーと!」
ジュウオウホエール
「沢山の力をつなげて戦ってるんだ!全てを踏みにじってきたお前なんかに負けるはずない!!」
ジュウオウジャー
「「「「「「ジュウオウドデカショット!」」」」」」
ジニス
「ぐわあああああああああ!!!」
ドデカショットでジニスに大ダメージを与える。

キュアブラック
「ジュウオウジャー!!」
キュアホワイト
「私達も力を貸します!!」
シャイニールミナス
「光の力と」
キュアブルーム
「自然の力と」
キュアイーグレット
「 妖精との絆と」
キュアドリーム
「そして、希望の力を一つにすれば!!!」
ミルキィローズ
「あたし達は負けない!!」
キュアルージュ
「絶対に!!」
キュアレモネード
「この希望が消えない限り!!」
キュアミント
「私達はまだ戦える!!」
キュアアクア
「その力をジニスにぶつける!!」
キュアピーチ
「人間とジューマンと妖精との幸せをゲットするまであたし達は頑張る!」
キュアパッション
「精一杯頑張るわ!!」
キュアベリー
「完璧に決めてあげるわ!!」
キュアパイン
「私達、信じている」
キュアブロッサム
「心の花は無限大です!!」
キュアマリン
「その通りっしゅ!!」
キュアサンシャイン
「心の花はジューマンにもあるからね!」
キュアムーンライト
「そうね、一緒に戦えるわね」
キュアメロディ
「心のメロディを組わせれば一緒に戦えるよ!!」
キュアリズム
「勿論よ!!」
キュアビート
「皆のビートは止まらないわ!!」
キュアミューズ
「うん!!」
キュアハッピー
「ジニス!!貴方を倒せばハッピーエンドよ!!」
キュアサニー
「ここから熱血パワーでいくでぇ!!」
キュアピース
「皆の笑顔を奪ったりなんてさせない!!」
キュアマーチ
「一気に直球勝負だ!!」
キュアビューティ
「皆さん行きます!!」
キュアハート
「貴方の愛は完全になくなったね!!」
キュアダイヤモンド
「自分を信じたナリアを殺したことが証拠よ!!」
キュアロゼッタ
「皆様、行きますわ」
キュアソード
「これで貴様も終わりよ!!」
キュアエース
「皆さんの気持ちを一つにしますわ!!」
キュアラブリー
「貴方のやり方はラブじゃない!!」
キュアプリンセス
「そんなことは絶対に許せないわ!!」
キュアハニー
「皆の幸せを守るために!!」
キュアフォーチュン
「私達は戦うわ!!」
キュアフローラ
「だから強く!!」
キュアマーメイド
「優しく!!」
キュアトゥインクル
「美しく!!」
キュアスカーレット
「ココから一気に決めますわ!!」
キュアミラクル
「そして、めぐり合う奇跡と」
キュアマジカル
「繋がる魔法と」
キュアフェリーチェ
「育まれし幸せを守って見せます!!」
キュアホイップ
「私達の元気と笑顔と」
キュアカスタード
「知性と勇気を」
キュアジェラート
「自由と情熱を」
キュアマカロン
「美しさとときめきを」
キュアショコラ
「強さと愛を」
キュアパルフェ
「そして、夢と希望を」
キュアエコー
「一つにして戦う!!」
ジニス
「黙れ!!!!」
全員
「はああああああああああああああ!!!!」
プリキュア達はジニスの攻撃をかき消した
シズク
「今や!!」
サクラ
「みんな!!ジュウオウジャーとプリキュアに力を!!」
サクラとシズク、妖精達は、ミラクルサクライトの力をプリキュアとジュウオウジャーに与えた。

キュアエコー
「皆行くよ!!」
全員
「ええ!!!」
そして、キュアホイップはさくらケーキだいふくをセットしプリキュア達の力を合わせることでクリームエネルギーが増幅し、ワイルドトウサイキングの姿と同じ姿へと変化しながら戦うこととなった。
ジニス
「何だと!!」
全員
「プリキュア・ワイルドトウサイファイナルストリーム!!」
ジニス
「ぐわあああああああああ!!!!」
プリキュア達はジニスに必殺技を炸裂した。
ジュウオウホエール
「ジニス!今度こそ終わりだ!」
そして・・・
ジュウオウジャー
「「「「「「ジュウオウドデカグランドファイナルフィニッシュ!」」」」」」
6人のパワーが加わり、地球型のエネルギー弾となり、それがジニスに直撃した。
ジニス
「馬鹿な・・この私が・・・・ぐわあああああああああああ!!!!!」
ジニスは爆発、遂に勝利を果たした。
ジュウオウジャー・プリキュア
「「「「「「やった…。やったあぁーっ!!」」」」」」
変身を解除した6人はワイルドトウサイドデカキングの肩に乗る。

セラ
「やった……」

「俺達、守り抜けたんだな……」
大和
「まだだよ。これからもずっと守っていくんだ…… この星に生きる、俺たちみんなで」
いちか
「私達も応援しています!!頑張ってください」
ジュウオウジャー
「ありがとう」
大和たちはバドとラリーの元に現れる。 いよいよジューマンたちがジューランドに帰るときがきたのだ。そこへいちか達もやってきた

大和
「本当は、俺も行きたいんだけど……」
タスク
「待っていてくれ。まずは僕たちが頭の固い上層部と話をつける」
セラ
「王者の資格は、私たちが責任もって保管するから……」

すると操が泣きそうになる。

レオ
「操、お前何泣いてんだよ?」
いちか
「泣かないでください・・私達もつらいのに・・・」

「だって……」
アム
「私たちお家に帰るだけですぐ遊びにくるって……」
大和
「でも、やっぱさみしいよ。1年も一緒に暮らしたみんなが、明日起きたらいないんだから……」
アム
「大和くん……」
レオ
「またな!」
その後にプリキュア達とサクラとシズクはキラパティスリーへ戻り、女子会の準備に取りかかった。


⇒To Be Continued...

■一覧に戻る ■感想を見る ■削除・編集